• ホーム
  • リッチリザルトで流入数を増やす

リッチリザルトで流入数を増やす

リッチスニペットやリッチカードはリッチリザルドに名称を統一されていて、名称変更とともにリッチリザルトをテストするツールに対して新たにgoogleは公開しています。
テスト方法は簡単とされていて、検証したい設置方法のページURLを入力する必要があり、テストにかけていき結果が出ます。
テストしたページ内にマークアップされている構造化データに対してツールが検出されますが、もしある場合は推奨プロパティ・エラーをレポートします。
リッチスニペットでもあるリッチリザルドは、ベータ版としての公開をするため、機能に制限をつけています。

サポートしている構造化データについては求人やレシピ・講座や映画などがマークアップされていても、それが検出されることはありません。
構造化データを利用している検索結果のことをリッチカード・リッチスニペットとよんでいましたが、それらが全てリッチリザルドに統一されました。
これらの単語が混在する状態も長く続きましたが、未だにその意味を知らないアフィリエイターも存在しています。
設置方法としてgoogleが必要とするツールの後継を行なっていき、4タイプの構造化データを検出していきます。
SEOでは流入を増やすためのユーザーへ一切表示されないコンテンツをマークアップする・関連性のないものや誤解を招いてしまうコンテンツをマークアップすることが基本とされます。

SEOのではガイドラインの施策に対して流入の対策が行われる例も存在していて、検索エンジンをすり抜けるよりもページ自体のユーザの経験値を高めていくほうが効率が良いとされます。

検索エンジンでの検索結果にレビューや画像が表示されているサイトも存在していますが、ウェブサイトの名前の下の要約文であるスニペットをテキスト以外での情報として捉えます。
見る人へはサイトの概要として伝えることができますし、わかりやすく興味を持って見てもらうことができます。
リッチスニペットはSEOに対して大きなメリットがありますし、それをマスターすることでさらに報酬アップにつながっていきます。
ユーザーが検索した時に期待しているニーズにあったサイトやページを見つけやすくし、流入数を増やすために設置するものではなくユーザーのためにという意識が大切です。
それが結果的に流入数の増加にもつながりますし、オウンドメディアや構築する方法・基礎的な考え方などを学びたい人に推奨されます。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧