• ホーム
  • 初期段階での成果が出ない時の原因と対処は

初期段階での成果が出ない時の原因と対処は

パソコンを見る男性

アフィリエイトをしていく際にインデックスに関しての知識も必要となっています。
プロライターでも作ったブログやサイトにアクセスが全然こないという問題がありますが、アクセスがこない原因として考えられることもあります。
具体的な原因としては、記事の中のキーワード選定が良くない・同じキーワードを使用しているライバルの方が結果的に強かった・それよりも需要がないという様々なことです。
アフィリエイトサイトの中の記事がインデックスされていないケースも多く、それがアクセスが全然こないという理由になっています。
インデックスとはブログ・サイトを作ってサイトを閲覧してもらう際に、どこから閲覧者はやってくるかという根本的なことが挙げられます。

例えば、発毛の記事を掲載するサイトを運営していたとして、発毛したいという検索をかけて閲覧者はやってきます。
その際検索エンジンへ興味があるキーワードを入力しますが、出てきたサイトの一覧の中から自分にあっていそうなサイトを選んでアクセスします。
発毛に関するブログを内部対策として運営したとすれば、発毛したいというようなキーワードで検索された時に、どこかのページに表示されていなければ品質改善の余地があります。
プロライターでサイトが表示され始めると検索エンジンからのアクセスが次々とくるようになり、次第にアフィリエイトの中で活躍していくことになります。

もしインデックスを理解していなければ、サイトを作れば無条件で検索エンジンに表示され何の対処をしなくても次々と閲覧者が増えるという知識になります。
内部対策としてインデックスされていることで、検索エンジンの1ページ目は難しくとも100ページ目などのどこかに自分のサイトが出てきます。
インデックスされていないケースではどのページにも自分のサイトが出てこないことになり、品質改善などの対処が必要になります。
自分のサイトがインデックスされていない状態は、元々のデータベースに載っていないということになり人が閲覧しにくる経路ができていないことになります。
これではアフィリエイトで稼ぎたいと言っても、誰からもアクセスがくることもないという原因になっています。
インターネットの世界では、クローラーという自動巡回ロボットが新しいURLを探すべく巡回しています。
その中で新しいものを見つけるとそのURLを検索エンジンのデータベースに登録する手順となっていて、それが記事として閲覧者の目にとまります。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧