• ホーム
  • 売り上げが激減したときの原因について

売り上げが激減したときの原因について

パソコンを使う男性

アフィリエイトにはつきものと言われているのがペナルティですが、これは過度に恐れるものではなく上手に付き合っていくことで自分の成長にもつながります。
アフィリエイトでペナルティを受けることで、サイトのコンテンツ・キーワードや内容などの品質改善につなげることができます。
具体的にペナルティを受けるとどのようになるかといえば、Googleなどの検索システムでの検索順位が下がります。
これによって売り上げも必然的に減少していき、検索システムにキーワードを入れて検索しても結果に表れなくなります。
アフィリエイトの稼ぎは集客を検索エンジンに頼っていることから、全く収入が減っていることに気がつくことでペナルティに遭遇していることに気がつきます。
検索順位が下がる場合はまだマシな方で、インデックス削除を受けるケースもありこちらはGoogleでの最大のペナルティとなります。
その結果報酬の発生がストップしますし、その対処をしようとしてもショックを受けることには変わりありません。

原因はインデックス削除となりますが、アルゴリズムによって自動的に削除される場合とGoogle社員がサイトを目視で調査し行なわれる手動的なものとあります。
自作自演でのリンクを一切使用せず、実際に精進を使ってレビューしている独自のコンテンツサイトでもペナルティを課せられるケースもあるので、みんなにリスクがあるということになります。
自動的なものと手動的なものでは原因が違いので、必然的に対処法も変わります。

品質改善をしていくことはもちろんですが、ペナルティを受けたかもしれないと感じたらどちらかを調べる必要があります。
対処法としてはGoogleサーチコンソールを使用していくのですが、まず登録をし手動でのペナルティが歩かないかを確認します。
サイト自体をサーチコンソールに登録する方法は、サーチコンソール登録と検索することで自動的に対象法を検索することが可能です。
逆にこの時に主導によるウェブスパム対策は見つかりませんでしたと出てくれば、手動でのペナルティは受けていないことになります。
自動の場合は、その判断を確実に行うことは難しく順位が下がっても自然とそうなっている可能性もあります。
対処法は順位が下がってもそのまま1週間ほどは様子を見ながら過ごし、それでも順位が戻らないときはサイトコンテンツの品質改善を行います。
サイト構成の最適化や悪影響を及ぼしているであろうリンクを削除することをチェックしていきます。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧